軽オフセットモノクロ冊子印刷 - モノクロ中綴じ冊子印刷

軽オフセットモノクロ冊子印刷 - モノクロ中綴じ冊子印刷

中綴じはホットメルトなどの糊を使用せず、本文と表紙の背中をホッチキスで綴じる製本方法です。 本が大きく展開するので、内容が読み易くなり、見開きページで説明したい内容の本には非常に適しています。 ただし、針金で二カ所止めているだけなので、無線綴じと比べると強度は低く、また頁数が多い場合は針金が貫通できずに本がばらけてしまう為、中綴じ製本では綴じる事が出来なくなるケースもあります。雑誌、取扱説明書などによく選ばれている製本方法です。 特に取扱説明書に多く、無線綴じよりも大きく本が展開するので、細部にまで目を通して頂きたい冊子などにはおすすめです。 表紙のみカラー印刷、本文はモノクロといったケースも多く、そのような仕様にも対応可能です。

pagetop