用紙ラインナップはこちら | 立葉印刷株式会社

用紙ラインナップはこちら

下記見本は一般的にモノクロ冊子印刷によく使用される用紙です(モニターによって実際の紙とは色が異なって見える場合がございます)。
その他にも様々な用紙をご用意できますので、ご希望がございましたらお申し付けください。
また、用紙見本などがお手元にございましたら、原稿とあわせてお渡しください。

上質紙

モノクロ冊子を作成するにあたり、最もよく利用される用紙です。 見た目はコピー紙同様、白色の用紙となります。
70kgが市販のコピー用紙とほぼ同等の厚みとなります。
55kg 厚み約0.08mm
70kg 厚み約0.1mm
90kg 厚み約0.13mm
135kg 厚み約0.16mm
100ページの冊子を本文70kgにて作成した場合、本の厚みは約5mmとなります。

書籍用紙

上質よりもクリームがかった目に優しい色目の用紙となります。 自費出版物などによく使用され、上質紙と比べると高級感と落ち着いた雰囲気を演出できます。

再生上質紙

再生上質紙とは、古紙パルプを使用した非塗工紙です。 通常の上質紙と比べると紙のコシが弱く、ざらっとした手触りで、用紙は少しグレーがかっています。 平滑性が低いため発色は落ちますが、筆記適正が高い用紙です。

色上質紙

表紙や本文の仕切り紙(色扉)によく使用され、色や厚みなどのバリエーションも豊富です。
特薄口→薄口→中厚口→厚口→特厚口→最厚口→超厚口 の順に厚みが増していきます。
主に、表紙には特厚口、仕切り紙には中厚口がよく採用されます。

レザック66

表紙に使用される事が非常に多い紙です。高級感があり、かつ耐久性も備えている為、需要の高い紙となります。
100kg→130kg→175kg→215kg→250kgの順に厚みが増していきます。
表紙には主に175kgが採用されます。

pagetop